伊大手銀が独コメルツ銀買収計画 ドイツ銀との統合不調で

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は4日、イタリア大手銀行のウニクレディトがドイツ大手コメルツ銀行の買収を計画していると報じた。コメルツ銀がドイツ銀行と進めている経営統合交渉が不調となった場合に実行に移したい考えという。

 ドイツ2行の統合協議は多くの課題が浮上し難航しているもようで、破談になった場合、国境を越えた大型再編につながる可能性が浮上した。ただコメルツ銀の大株主であるドイツ政府の承認が不可欠とみられ、実現するかどうかは不透明だ。

 ウニクレディトは傘下に持つドイツの銀行とコメルツ銀の統合を検討。営業地域の重複が少ないといい、関係者は「事業面で補完しあえる」と説明している。

(共同)