現場の風

TDK イベント通じ授業ではできない体験を (1/2ページ)

 □TDK広報グループ ブランド・コミュニケーション 遠山彩さんに聞く

 --TDKは第1回大会から世界陸上に協賛している

 「100メートル走のスタート地点の後ろの広告やゼッケンなどにTDKの企業ロゴが使用され、テレビなどを通じて全世界にTDKの名前が映される。以前はビデオテープやカセットテープなど商品の知名度を広げる役割があった。今のTDKはBtoB(法人向け)事業の比率が高くなったが、テレビをつけてTDKのロゴが映ることによって、社員がTDKという企業に所属していることに誇りを感じてもらえることが大きい」

 --陸上に興味があったのか

 「以前は出荷管理などを担当する部署に所属していたが、自分から発信をしたいと考えるようになり、社内公募制度で申し込んだ。やってみて華やかなところもある一方、思ったよりも泥臭いところもあると知った」

 --関わりながらやりがいを感じた面は

 「TDKは世界リレーにも関わっているが、関連イベントとして、子供たちが世界の一流アスリートからワンポイントレッスンを受けられるなどのイベントを実施している。今年は5月に横浜で開催するが、実際に一流選手がどうやって集中力を高めているかなど、大人でも参考になる話を聞くことができるし、子供たちが走り方を変えるだけでこんなに早く走れるとか、学校の授業ではできない体験ができるのでやりがいを感じる」

 --スポーツ以外のブランディング活動は

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus