試乗スケッチ

マクラーレン600LTが放つ青い火柱…実は打倒フェラーリへの秘密兵器 (2/3ページ)

木下隆之

 そしてまた、マクラーレンは徹底して負けず嫌いである。特にF1で覇を競り合うフェラーリには只ならぬ敵対心を懐く。ゆえにロードゴーイングマシンであるマクラーレン600LTは、公道でも打倒フェラーリのための旗印なのだ。そのための技術的な武器が、上方排気である。

 巨大ウイングだけでは足りず

 600LTは、レーシングカー級のダウンフォースを発揮する。それは600馬力ものパワーで突き進むマシンを路面に押さえつける効果を生む。そのためには、リアの巨大なウイングだけでは足りず、ボディ下面の空気の流れを乱す排気管さえも排除させ、美しく整流する必要があったのだ。マクラーレン600LTの上方排気が伊達や酔狂ではないのは、それが理由である。

 確かにそれは、異常なまでに効果を発揮している。速度を上げれば上げるほど、マシンが従順になる。まるで物理の法則を無視したような不思議な感覚は、僕はレース以外で初めて味わった感覚である。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus