金融

藍澤證券、青梅信用金庫と包括的業務提携 証券会社と信用金庫の包括提携は国内初

 藍澤證券と青梅信用金庫(東京都青梅市)は16日、包括的業務提携を締結したと発表した。両社が持つノウハウやネットワークを連携し、地域活性化に貢献する。証券会社と信用金庫の包括提携は国内初となる。

 具体的には創業支援や融資・資産運用ニーズの相互紹介などで協力するほか、人事交流にも取り組む。両社の社員がそれぞれの営業エリア外に配偶者の転勤などに伴い転居の必要性が生じた場合、相互に紹介して優秀な人材の流出を防ぐ。

 同日の提携調印式で、藍澤證券の藍澤卓弥社長は「多面的な地方創生を一層強化するため提携に至った」と話し、青梅信金の平岡治房理事長も「地域を大切に今まで以上に発展に貢献したい」と述べ、両社の提携の意義を強調した。

 藍澤證券はかねて地域の金融機関や大学との連携に取り組んでおり、青梅信金とは同信金が主催する「あおしんビジネス支援マッチング大会」に2017年から参加し、地域企業の支援で実績があった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus