LINEペイで最大20%還元キャンペーン 決済特化アプリの利用で上限1万円に

LINE Payの記者発表会に登場し、LINE Payについて語る女優の今田美桜さん=17日午前、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)
LINE Payの記者発表会に登場し、LINE Payについて語る女優の今田美桜さん=17日午前、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)【拡大】

  • LINE Payの記者発表会で公開された「LINE Payアプリ」=17日、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)
  • LINE Payの記者発表会に登場し、LINE Payについて語る女優の今田美桜さん=17日午前、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)

 無料通信アプリ大手のLINE(ライン)は17日、同社のスマートフォン決済「LINEペイ」で決済額の最大20%を還元するキャンペーンを開始すると発表した。期間は18日から30日までの13日間。還元額の上限は5千円だが、17日にスタートした決済に特化した専用アプリ「LINEペイアプリ」を1回でも使えば、還元総額は2倍の1万円に拡大する。

 キャンペーンの期間中はLINEペイの加盟店で決済すると20%が残高に還元される。ジェーシービー(JCB)の「クイックペイ」と連携した決済方法のほか、JCB加盟店で利用可能な「LINEペイカード」での決済なども対象になる。

 LINEペイは昨年6月からほぼ毎月、1週間から半月程度の期間限定で、決済額の最大20%の還元を実施してきた。平成最後となる今回のキャンペーンはアプリと組み合わせ、還元額の上限を引き上げたのが特徴だ。

 新たに提供を開始したLINEペイアプリは、LINEアプリから決済機能のみを抽出した専用アプリで、起動すればすぐに決済コードが表示され、スムーズに決済ができるようになる。LINEペイを利用可能な店舗をアプリ内の地図で表示できるなど、利便性が高まる。

 スマホ決済をめぐっては多くの企業が相次ぎ参入し、利用者の囲い込みへ大規模なキャンペーンを続けている。17日に記者会見したLINEペイの長福久弘取締役最高執行責任者(COO)は「われわれもかなりの顧客を獲得しており、5月以降も顧客の声を聞きながら魅力的なキャンペーンを行っていきたい」と語った。