サービス

スリランカテロ ツアー会社、情報収集急ぐ 「10連休」催行か中止か

 日本人1人を含む多くの犠牲者が出たスリランカの連続爆破テロを受け、日本の旅行会社は、ツアー客の安否確認や、天皇の代替わりに伴う10連休中に予定しているツアーの対応に追われた。

 大手旅行会社JTBは21日夜までにツアー客全員の無事を確認した。10連休のツアーをどう催行するかは、外務省からの情報を収集した上で、社内で検討、調整するとしている。

 日本からスリランカへの旅行客は2009年の内戦終結後、増加傾向にある。日本政府観光局によると、12年に約2万3000人だった日本人旅行客は、近年は4万人を超えているという。

 スリランカ旅行を手配するヤートラ・トラベルズの日本事務所(東京)は、約100人から10連休中の依頼を受けていたが、テロのために数人からキャンセルの連絡があった。テロのあったホテルやレストランは日本人の利用者も多いといい、担当者は「旅行客の安全を優先し、旅程の変更も視野に入れている」と話した。

 「海がきれいで、山もあって、リゾートとしても最高。安全な国だったのだが」と、一般社団法人スリランカアジア協会の松本勝幸代表理事はテロを悲しんだ。協会は旅行会社と提携し、経済視察ツアーの企画やアドバイスをしている。「安全性が確保されるまでは、企画が難しくなってしまう」と残念そうに述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus