IT

ソフトバンクがADSL終了へ 24年3月末、光回線普及で (1/2ページ)

SankeiBiz編集部

 ソフトバンクは10日、ADSLサービスの提供を2024年3月末で終了すると発表した。インターネット接続では光回線などのサービスが主流になったためなどと説明している。

 2020年3月以降、一部の地域からサービスを順次終了し、利用者には推奨する別のサービスへの変更手続きなどを今年10月から順次案内するとしている。

 提供を終了するサービスは、「Yahoo! BB ADSL」「Yahoo! BB ホワイトプラン」「Yahoo! BB バリュープラン」「SoftBank ブロードバンド ADSL」「SoftBank ブロードバンド ステッププラン」「ホワイトBB」「BBフォン単独サービス」。

 ソフトバンクによると、「インターネットを利用したサービスの多様化やデータ通信量の大容量化」が昨今進んでおり、光回線などによるサービスが主流となっている。

 このような市場環境の変化に伴い、「保守部材の枯渇や設備の老朽化により、ADSLサービスの安定的な提供が困難な状況が見込まれる」ためとしている。

 ブロードバンドには、光回線、ADSL、CATVなどがある。ADSLはまだ光ファイバーなどが広く普及する以前に主流だった回線で、光回線よりも料金が比較的安いといったメリットもあった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus