経済インサイド

生保はなぜ大学と連携してデータサイエンティストを育成するのか (3/3ページ)

 保険は加入する人の健康状態や年齢によって保険料が上下したり、あまりにリスクが高いと保険に加入すらできないこともある。持病があって生命保険に入るのが難しかった人が、蓄積された多くのデータを精査・分析した結果、保険に入ることができるようになった事例も出てきた。

 生保が目指すのは、保険加入者が健康になることで病気になる人が減り、保険金の支払いも減少することだ。データ分析の高度化で、どんなインセンティブが加入者が食生活に気を使ったり、運動をしたりするように誘導できるかが分かる可能性もある。

 保険に入っただけなのに何となく健康になる-。データサイエンティストによるビッグデータの分析により、そんな世界が実現するのも案外近いかもしれない。(林修太郎)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus