メーカー

JDI、5年連続最終赤字 19年3月期 1000人規模削減へ (1/2ページ)

 液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)が15日に発表した2019年3月期の連結決算は、最終損益が5年連続となる1094億円の赤字(前期は2472億円の赤字)となった。同社は併せて1000人規模の人員削減も発表、新製品投入と固定費削減の両輪で早期の黒字化を目指す考えだ。米中貿易摩擦の激化で主力のスマートフォン用パネルの販売がさらに落ち込む可能性も否めず、黒字化のハードルは依然として高い。

 売上高は前期比11.3%減の6366億円、本業のもうけを示す営業損益は309億円の赤字(前期は617億円の赤字)だった。最大顧客の米アップル向けを含むスマホ用パネル販売が減少。このため白山工場(石川県白山市)などについて752億円の特別損失を計上した。

 人員削減は上期(4~9月期)中に実施し、年200億円の固定費削減を見込む。病気療養中の東入来信博会長が15日付で会長を退き、会長職を当面空席とすることも発表した。

 今期の業績予想は明らかにしなかったが、上期の売上高は前年同期比10%程度の減少になるとしている。同日の記者会見でJDIの月崎義幸社長は「(19年3月期は)黒字を目指しやってきたが、想定を超える市場変化があった」と説明。今期は「下期(10~3月期)以降の黒字定着を目指す」とした。

 JDIの再建をめぐっては、4月12日に中国と台湾の企業連合の金融支援を受けて傘下入りすると発表したものの、相手側の機関決定が遅れている。このためJDIは、6月18日の定時株主総会で得る予定だった支援に関する議案承認を、その後開く臨時総会に先送りした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus