話題・その他

ライザップ19年3月期、11年ぶり 子会社不振で赤字193億円

 経営不振に陥っているRIZAP(ライザップ)グループが15日発表した2019年3月期連結決算は、最終損益が193億円の赤字に転落した。前期は90億円の黒字だった。最終損益の赤字は11年ぶり。一部の子会社で業績不振による損失が膨らんだことが響き、従来予想の70億円の赤字よりも悪化した。

 本業の個人向けフィットネスジム運営と関連の薄い事業の見直しや売却を進めており、整理のコストや売却損も影響した。売上高は前期比82.3%増の2225億円だった。

 瀬戸健社長は同日の記者会見で「緊急性の高い構造改革は完了した。基盤をつくり、V字回復を果たすべくやっていきたい」と述べた。

 20年3月期は、連結最終利益が5億円と黒字転換を見込んでいる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus