ピックアップ

超パチフェス、認知拡大へ「ニコ超」出展

 4月27、28の両日に千葉市美浜区の幕張メッセで開催されたイベント「ニコニコ超会議2019」に、遊技機メーカーや関連企業、業界団体などで構成された「超パチフェス2019製作委員会」が「超パチンコ&パチスロフェスティバル@ニコニコ超会議」と銘打ち、ブース展開を行った。イベントへの参加目的には、若年層やノンユーザーに対してパチンコ・パチスロの認知拡大と遊び方のレクチャーを行うこと、遊技への依存防止対策を行うことなどを掲げた。

 「ニコニコ超会議」への参加は、18年までの5年間は独自にブースを出展するスタイルを採用していたが、6年目となる今回はドワンゴ(東京都中央区)の企画ブース「超コスプレエリア」へのカテゴリー協賛という形で、同エリア内に超パチフェス2019ブースを出展。ブースでは、新規則機(最新機種)の遊技体験や、確率の遊びを体験するアクティビティー(ミニゲーム)を提供したほか、フォトブースを設置。また、製作委員会の企業SNSの紹介に加えて、遊技体験者へのアンケートを実施し、回答者には、ノベルティグッズなどの配布を行った。

 試打コーナーには8メーカー11機種(全14台)の遊技機を設置。協賛したパチンコホールのスタッフがマンツーマンで遊技のサポートを行った。また、アクティビティーのガラポン抽選機「ぱちんこ君の気持ち」では、実際の遊技機の抽選方式を再現して、参加者に大当たりの感覚を実感してもらった。

 主幹事を務めた日本遊技関連事業協会(日遊協、会長・庄司孝輝氏)のイベント関係者は「今回は初めてドワンゴ社主催ブースに協賛することができ、平成最後の週末にニコニコ超会議を目的に来場した方に小スペースながらもしっかりアプローチできたと感じている。令和においても、新たな気持ちでパチンコ・パチスロの楽しさを伝えていきたい」と振り返った。

 ドワンゴ発表による「ニコニコ超会議2019」の来場者数は2日間で16万8248人、ネット来場者数は666万3612人と、ともに前年の記録を上回った。一方、超パチフェスブースへの来場者数は、日遊協の発表によると27日が2171人、28日が1936人で、2日間の総来場者数は4107人と盛況を見せたほか、SNSフォロー数(ブースでQRコードを読み込んだ人数)が684、超パチフェス公式ツイッターのフォロワー数は2937フォロワー(4月30日時点)であった。ちなみに、「ニコニコ超会議2020」は20年4月に同じく幕張メッセで開催される予定。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus