金融

西武信金に業務改善命令 審査に不備

 金融庁は24日、信用金庫大手の西武信用金庫(東京)に対し、投資用不動産向け融資の審査体制などに不備があったとして業務改善命令を出した。西武信金は同日夕に記者会見を開く予定で、落合寛司理事長が引責辞任する見通し。

 西武信金への立ち入り検査で、金融庁は反社会的勢力の疑いがある人物の関係者への融資も確認した。反社会的勢力に資金が流れた形跡は確認できなかったもようだが、審査の際に組織内のチェック体制が十分に機能していなかったと判断し、内部管理体制の改革を求めて処分に踏み切った。

 西武信金は首都圏で投資用不動産向けの融資を増やすことで急成長し、スルガ銀行のビジネスモデルと酷似していたことから不動産業界や金融業界で「第2のスルガ」と評されていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus