テクノロジー

観光で宇宙ステーションに 米、20年にも民間人滞在

 米航空宇宙局(NASA)は7日、早ければ2020年から国際宇宙ステーションに民間人が滞在できるようにすると発表した。米スペースXとボーイングがそれぞれ開発中の新型有人宇宙船の乗客を受け入れる。ステーションが宇宙観光の行き先の一つになりそうだ。

 ロシアのソユーズ宇宙船が民間人を顧客として運んだ例はあるが、米国は初めて。NASAは滞在費などを得てステーションの経費を軽減し、24年を目指す有人月面着陸に力を入れる。

 ステーションには米ロを中心に宇宙飛行士が基本的に6人滞在。科学実験や設備の維持管理をしている。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus