メーカー

日本海水、福岡にバイオマス発電所を建設へ

 エア・ウォーターのグループ会社、日本海水(東京都千代田区)は、パームヤシガラや建設廃材を燃料とする木質バイオマス発電所を福岡県苅田町に建設する。出力は5万キロワットで、投資額は約200億円。発電した電力は全量を外販し、年間約80億円の売上高を見込む。2021年4月に着工し、23年10月の稼働を目指す。エア・ウォーターは発電事業を強化しており、同社グループとしては建設中も含め5カ所目の木質バイオマス発電所となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus