サービス

リニア関連部署1割増員 JR東海、用地取得を強化

 JR東海は12日、7月の定期異動でリニア中央新幹線の関連部署の社員を約1割増員し、1480人にすると明らかにした。用地取得を専門とする用地部を新設するなど態勢を強化して、今後の工事を円滑に進めたい考えだ。

 また令和9(2027)年を予定する東京・品川-名古屋間の開業後、速やかに大阪までの延伸工事に着手するため、名古屋以西の自治体との調整に当たる担当部長も置く。リニアの大阪延伸による全線開通は当初、27(2045)年としていたが、最大8年前倒しすることを目指している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus