サービス

管制システム不具合で成田空港に影響

 国土交通省は18日、首都圏の空域の管制システムに不具合が起き、国内空港出発の成田空港到着便に遅れが出たと発表した。羽田空港に影響はなかった。同日未明、同省の担当者が管制システムのデータの変更作業をしたのが原因。この作業は、首都圏の運航を効率化しようと、同日から羽田の管制官が受け持つ空域を拡大する目的で行われた。

 国交省によると、27便に最大30分程度の遅れが出た。同省の担当者は「ご迷惑を掛け、重く受け止めている。航空機の安全に万全を期す」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus