話題・その他

事業承継支援のトランビ 会員制M&A市場立ち上げ

 事業承継支援のトランビ(東京都港区)は18日、会員制によるインターネット上のM&A(企業の合併・買収)マーケットを8月末に立ち上げると発表した。大手企業を中心に新規事業の立ち上げを目的に、中堅・中小企業を買収する動きが活発になっており、より効率的に買収候補先を探せるようにした。

 買収候補先が中堅企業以上の規模に相当する取引可能金額(報酬額)300億円以上の「プライム300」、主に中小・ベンチャー企業にあたる取引可能金額30億円以上300億円未満の「プライム30」の2つを用意。いずれも利用にあたっては、事前の審査をクリアした大手企業や再生支援目的の投資会社などに限定する。

 大手企業の間には新規事業担当部署のなかにM&A担当者を置くところも多い。こうした会社の場合、専門の仲介会社を頼るよりも、トランビのようなサイト上で買収候補先を見つけて、直接交渉に持ち込んだ方が短時間かつ安価で買収が可能になりそうだ。

 トランビは平成28年4月に設立。同社のインターネットによるM&Aプラットフォームの登録企業数は約3万社、M&A成立案件は約3100件にのぼる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus