自動車

きびきび軽い走り、内装は実用主義的…初夏の伊豆で新型「スープラ」を試す (2/3ページ)

 実際にドライブを始めると、そのきびきびとしたレスポンスの軽い走りは私が以前運転したことがある3代目スープラを思い起こさせた。車両重量は1410~1520キログラムながら、立ち上がりは弾むような加速でコーナーもしっかりと曲がる。

 操作性も抜群で自分が思った通りのコースを走らせることができる。その点では日産の「GT-R」を上回っており、BMWの「Z3」に近いとの印象を持った。

 実際のところ、スピードを追求するというよりしっかりとした走りを楽しむのに適したエンジンと車体のサイズという意味において新型スープラに最も近い競合車種はポルシェの「ケイマン」ではなかろうか。BMWのお家芸である50対50の前後重量配分のおかげで曲がりくねった峠道でも車外に放り出されるような不安に襲われることはなかった。

 8速スポーツオートマチックトランスミッション(AT)のギアチェンジは滑らかだ。スポーツモードというものは多くの車では高回転までエンジンの回転を多少引っ張る程度でほとんど効果を感じられないことが多いが、スープラにおいては排気音やステアリングの感覚に至るまで車のキャラクターが激変する。

 ただ、ドリフト走行を楽しみたい向きには残念なことにマニュアル車の設定はない。6気筒には及ばないものの廉価な4気筒モデルも思いのほか力強かった。市街地のノーマルモードでの走行ではその違いはほとんど分からないのではないだろうか。

 低重心で最低地上高が低くドアも小さめに感じられるため旧モデルと比べても車室への出入りはやや窮屈に感じられる。そうした点から見れば今回のスープラのルーツはむしろ欧州のロードスター(オープンカー)に求められると思えてくる。思い切って後部座席を省略し、2シーターとしたのもその表れと言えるだろう。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus