テクノロジー

野口さん米新型機で宇宙へ 搭乗時期は不透明

 柴山昌彦文部科学相は23日、日本人宇宙飛行士の野口聡一さん(54)が、米企業が開発中の新型宇宙船への搭乗を目指し訓練を開始すると発表した。国際宇宙ステーションに長期滞在する予定。

 野口さんは「新型宇宙船に搭乗する機会を与えていただき大変光栄です。宇宙飛行の歴史的な転換点に立ち会うことになり、任務の重大さに身が引き締まる思いです」とのコメントを出した。

 宇宙船は米航空宇宙局(NASA)の委託で、スペースXとボーイングの2社が開発中だが、いずれも遅れが懸念されており、実際の搭乗がいつになるかは不透明だ。

 ボーイングの宇宙船は今年9月にステーションに無人で試験飛行し、11月には本格運用を前に初めて人を乗せて飛行する。スペースXはすでに3月に無人飛行に成功し先行してきたが、4月に地上試験中に爆発事故を起こしており、有人飛行への影響が懸念される。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus