サービス

女性客・客単価向上に真打ち ローソンがデザート新商品5種を発売へ

 ローソンは6日、デザートの新商品説明会を行い、3月から約4カ月間の販売数が1900万個を突破した人気メニュー「バスチー バスク風チーズケーキ」の高級版をはじめとした、5種類を20日から順次販売すると明らかにした。同社はデザートを女性客獲得や客単価向上につながる戦略商品と位置づけており、今後も強化を図る。

 新商品は濃厚な風味と食感が人気のバスチーにナッツとクリーム、焦がしカラメルソースをトッピングした「プレミアムバスチー」(320円)や、もっちりとした生地で5月からのシリーズ累計販売数が約600万個となっている「どらもっち」の新シリーズ「どらもっち チョコチップ&ホイップ」(180円)など。

 ローソンによると、バスチーを発売した3月下旬から7月下旬までで、同社のデザート売上高は前年比25%増と大幅に伸長。今回の新商品投入により、デザート全体の売り上げを最大で前年同期比1・5倍まで引き上げるとしている。

 部門をとりまとめる坂本真規子シニアマネジャーは「新しい食感などにこだわることで無難さから脱却することができ、デザート目的でローソンに来店する女性客が増えた」と手応えを口にしていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus