金融

AIG損保、損害額50%を10日以内に支払い 個人向け火災保険

 AIG損害保険は、個人向け火災保険で、損害保険金見込み額の最大50%を最短10日で支払うサービスを月内に始める。火災や水害などによる損害規模1千万円以上が対象で、書類提出不要で請求できる。近年は台風や豪雨など大規模自然災害の多発で保険金支払いに3カ月程度かかるケースもみられる中、前払いの一部を迅速化して被災した顧客の生活再建を支援する。

 新たなサービスは、保険金請求書など通常必要な書類を提出しなくても、電話連絡で請求手続きが行える。保険契約者の事故発生連絡を受けてから最短3日で損害調査を実施した上で、臨時資金の需要が高いと判断されれば内払い手続きを最短7日で行う。

 通常は保険金請求から支払いまでは1~2カ月程度かかるが、昨年は西日本豪雨や台風21号の被害が広範囲にわたり、保険業者が不足したことなどで支払いがさらに遅れ、被災者の生活に影響を及ぼした。

 こうした状況を受け、同社は昨年、法人向け火災保険で同様のサービスを開始。個人向け火災保険でも保険金の一部(10万円)をセブン銀行のATM(現金自動預払機)で即時に受け取れるようにするなどサービスを充実させている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus