サービス

リニア未着工問題 JR東海社長「大阪開業に影響も」

 JR東海の金子慎社長は7日、大阪市で記者会見し、リニア中央新幹線の静岡工区が未着工となっている問題について「名古屋までの開業に影響が出るということであれば、大阪までの(全線)開業時期にも影響を及ぼしかねないと心配している」と述べた。

 JR東海は2027年の東京・品川-名古屋間の開業に向けて工事を進めているが、南アルプストンネル掘削による大井川の流量減少対策などで静岡県と折り合えず、静岡工区(約8.9キロ)が工事に着手できていない。

 金子社長は「全体として(工事の)進捗(しんちょく)が遅れている中、後の工程で取り戻すのが難しくなってきている」と指摘した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus