金融

みずほ銀子会社で情報漏れ 顧客の名前など数十件

 みずほ銀行は15日、シンガポールの子会社がサイバー攻撃を受け、少なくとも数十件の顧客情報が漏洩(ろうえい)したと発表した。現時点で漏洩による被害は確認されていない。みずほ銀の顧客への影響はないとしている。

 情報漏れが判明したのは機関投資家や金融機関に情報を提供している「ユーリカヘッジ」で、顧客の名前やメールアドレス、電話番号などが外部に漏洩した。ユーリカヘッジが管理する顧客情報は約12万件で、米国や英国が多く日本は数%程度という。

 8日にインターネットサイトの管理者画面が不正にアクセスされたことを認識。詳しい原因を調査するとともに現地警察当局に報告した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus