IT

au、解約違約金1000円に 新規制対応プラン、携帯大手初

 KDDI(au)は28日、10月から開始する携帯電話料金の新規制に対応し、2年契約の途中で解約した場合にかかる違約金を1000円に抑えた新プランを発表した。新規制対応のプランの発表は携帯電話大手では初。これまでの9500円から引き下げる。

 KDDIが発表したのはデータ容量が無制限で、米動画配信大手ネットフリックスの番組見放題サービスをセットにしたプラン。9月13日から提供を始める。

 利用料は家族2人以上の携帯回線契約や固定のインターネット回線の契約を条件として、月額5880円(税別)。いつでも解約できるよう2年の定期契約にしない場合は月額料金が170円割高になる。さらに半年間限定で1000円値引くキャンペーンを実施する。現行の無制限プランにネットフリックスの会費を支払った場合に比べて最大で2400円の値下げとなる。

 第5世代(5G)移動通信システムの実用化で主力にしたい無制限プランでの対応をいち早く示した形だ。KDDIの高橋誠社長は東京都内で開いた記者発表会で「今回のプランは(値下げに)かなり踏み込んだ。先行する韓国など、海外と比べても5Gで周回遅れになるわけにはいかない」と述べた。通信利用量に応じて月額料金が変わる低価格プランなど、他の料金体系での対応は後日発表するとした。

 総務省は利用者が携帯会社を乗り換えやすくするため、10月から導入する携帯電話料金の新規制で違約金の上限を1000円にした。NTTドコモやソフトバンクも違約金を9500円に設定しており、変更を迫られている。

 違約金が減額されることで、現行の料金プランの見直しや経営への悪影響などが懸念されている。楽天が9月上旬にも、10月から参入する携帯電話事業の料金などを発表する予定で、各社も対応を相次いで公表するとみられる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus