金融

銀行、カジュアルで“脱お堅い” 大手行に「服装の自由」広がる

 三井住友銀行は、2日から東京と大阪の本店で行員の自由な服装を認める取り組みを始めた。作業能率の向上や行員間の意思疎通の円滑化が狙い。変革の姿勢を内外に打ち出すことも目的の一つだ。大手銀行では「お堅いイメージ」から脱却しようと、服装をカジュアル化させる取り組みが広がっている。

 約2万8000人の全行員のうち、本店勤務の約7000人を対象にドレスコードを廃止した。導入初日の2日にはTシャツや短パン姿で出勤する行員が目立った。全国の支店でも試験導入し、徐々に対象は広がっていく見通しだ。グループ内では三井住友カードも服装を自由化している。

 三井住友銀では7月から2カ月間、服装を自由とする試行期間を設け、行員からアンケートを実施。「銀行員らしくない」といった意見は少なく、「三井住友のカルチャーの変革を実感した」など好意的な声が多く、取り組みを通年化させた。

 大手銀行では、三菱UFJフィナンシャル・グループがノーネクタイのビジネスカジュアルを5月から通年化。みずほ銀行も7月からの夏季期間、「スーパークールビズ」と称し、ポロシャツなどこれまでよりカジュアルな服装を認めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus