テクノロジー

Gショック、未来技術遺産に 国立科学博物館が26件を新たに選定

 国立科学博物館は3日、未来に引き継ぐべき「重要科学技術史資料(愛称・未来技術遺産)」に、衝撃に強い腕時計として人気の「G-SHOCK(ショック)」1号機や、世界初のポータブルCDプレーヤー、現存する国産ペニシリンの入った容器など26件を新たに選んだと発表した。

 博物館によると、昭和58年に登場したカシオ計算機のGショックは耐衝撃性能が高く、アウトドアやスポーツでの腕時計着用を身近にしたことが評価された。ソニーのポータブルCDプレーヤーは外出先でCDを聴く生活スタイルを定着させる起爆剤となった。同社の製品は後に「CDウォークマン」に統一された。

 1928(昭和3)年に発見されたペニシリンは、先の大戦中に多くの兵士の命を救った。英米で大量生産が始まったが、日本は敵対国で入手できず、陸軍軍医学校が独自に国産で開発して実用化につなげた。容器は内藤記念くすり博物館(岐阜県各務原市)に収蔵されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus