自動車

N-BOXが24カ月連続首位 8月車名別の新車販売、タント猛追

 8月の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が前年同月比17.9%増の1万8282台で、24カ月連続の首位となった。1位から5位までを軽が独占した。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。

 N-BOXは充実した安全装備を売りにトップを独走してきたが、7月に新型を発売したダイハツ工業の軽「タント」が73.3%増の1万6838台で2位となり、その差は約1400台に縮まっている。

 広い車内が人気を集める軽ワゴン車の激しい首位争いは今後も続きそうだ。

 軽以外の自動車(登録車)では、トヨタ自動車のミニバン「シエンタ」が57.9%増の8745台でトップとなり、軽を含めた全体では6位だった。好調を維持するトヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」が9.4%増の8176台で全体の7位、日産自動車のミニバン「セレナ」が21.3%増の7714台で続いた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus