メーカー

軽減税率の対応 税込み・税抜き、コンビニ表記分かれる

 10月の消費税増税に伴う軽減税率の導入に合わせ、大手コンビニ3社のレシート表記が分かれる。セブン-イレブン・ジャパンは商品価格を税抜き表示に変更する。ファミリーマートやローソンは税込み表示を維持する。食品など8%の軽減税率が適用される商品には、価格の横に「*」や「軽」のマークを付ける。

 セブンはこれまで、レシートに商品の税込み価格を表記していたが、たばこなど一部の商品を除き、税抜き価格での表示に変更する。「2種類の税率が混在するので、税抜き価格を表示した方が利用者に分かりやすいと考えた」(広報)と説明している。

 レシートの下段に適用税率ごとに税抜き価格の合計や税額、税込みの総額を表示する。また軽減税率商品には価格の前に「*」を付け、他の商品と区別する。店頭の値札も同様の対応を取る。

 ファミリーマートやローソンでは、従来どおり、価格を税込みで表示する。軽減税率商品については税込み価格の後ろに「軽」のマークを付ける。値札にも同様のマークを付ける。

 また3社ともキャッシュレス決済をすれば、即時に2%のポイント還元分を値引きするため、レシートに「キャッシュレス還元額」などとして、値引きした金額を明記する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus