動画あり

【インターン取材】日清「青の洞窟」近鉄観光特急で堪能、「青の交響曲」3周年ツアー (2/3ページ)

 青の交響曲は「上質な大人旅」がコンセプトで、濃紺色の外観やホテルのような内装が目を引く。3両編成の2号車にはバーカウンターを備え、沿線の特産品を使ったデザートや酒などを提供。座席は全席指定で奈良県産の竹を肘掛けなどに使い、革張りのソファでくつろぐこともできる。

 記念キャンペーンは今月から展開。10月25日と11月15日は日清フーズとコラボし、同社の高級感を打ち出したパスタ「青の洞窟」と、大阪マリオット都ホテル(大阪市阿倍野区)の総料理長が監修する奈良県産食材を使用した料理を車内で味わうツアーなどを企画した。

 同社によると、乗客数は当初目標としていた年間6万人を達成し、3年間の累計は18万人に。高齢の夫婦らを中心に鉄道ファンの家族連れらにも好評という。沿線自治体観光への誘客効果も大きく、セレモニーに出席した吉野町の北岡篤町長は「吉野町はこの3年で見違えるほど元気になった」と感謝を表した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus