IT

ドコモ・ノキア・オムロン、製造現場での5G実証合意

 NTTドコモとノキア、オムロンは10日、工場など製造現場での第5世代(5G)移動通信システムの実証実験を始めることで合意したと発表した。従業員のデータを分析し、苦手な作業分野を指摘して習熟度を上げたり、最適な作業工程を指示したりできる。5Gの無線通信で生産設備同士をつなげるため、従来の有線接続と違い、生産ラインを自由に変えられ、少量多品種でも生産性の向上が期待できるという。

 実証実験はオムロンの草津事業所(滋賀県草津市)で実施する。製造機械のデータや作業する人の映像を人工知能(AI)を使って分析。多数のセンサーから膨大なデータをやり取りするために5Gを活用する。熟練工が不足する中で若手人材の育成につなげる狙い。有線接続による物理的な制約がなくなるため、設備を柔軟に変更することで顧客に合わせた収益性の高い製品を簡単に生産できる見込み。実施内容の詳細は年内をめどに決定する。NTTドコモは金属が多い工場内での電波の広がりや機械から発生するノイズの影響などを調べる。ノキアは基地局を提供し、遅延や位置情報の改善などを手掛ける。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus