話題・その他

楽天、台湾プロ野球のラミゴを買収 台湾でのネット通販などに弾み

 楽天は台湾プロ野球のラミゴを買収し、2020年シーズンから台湾リーグに参入する。楽天の代表者とラミゴの劉カイ延社長が19日、台北市で記者会見を開いた。台湾プロ野球の呉志揚コミッショナーも同席。楽天は球団を傘下に収め、台湾で展開するインターネット通販などの事業に弾みをつける考えだ。

 ラミゴは日本ハムの王柏融(ワン・ボーロン)外野手が昨季まで所属した台湾の人気球団で、7月に球団を売却する意向を示していた。日本のプロ野球で同一の企業が複数球団を所有することは野球協約に抵触するが、海外の球団を持つことは禁じられていない。

 04年に日本のプロ野球に参入した楽天は、サッカーでは14年にJ1神戸の経営権を獲得し、16年にはスペイン1部リーグの強豪バルセロナと4シーズンのスポンサー契約を結んだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus