メーカー

育休社員に学びの場を提供 ダイキン、大阪大学と共同でキャリア支援

 ダイキン工業は19日、大阪大と共同で、育児休暇中の社員が社会学や心理学などキャリアアップにつながる講座を受けられる施策を10月に始めると発表した。育児でキャリアが中断され昇進を諦める女性社員が多いことから、育休中の社員に学びの場を設け、将来の女性管理職を養成する狙いがある。

 女性に限らず、育休を取得したダイキンの全社員が対象で、講座は来年3月までに15回設ける。社員は学生と一緒に、会社の中で人間関係を構築する手法を学んだり、問題を解決する能力を高めたりする。受講中は、大阪大の保育室に子供を預けることもできる。ダイキンは、現在約60人の女性管理職を2020年度末までに100人まで引き上げる目標を掲げている。育休中の社員向けとは別に、女性技術者向けの講座も大阪大で始める。

 大阪大も、子育てと仕事を両立する手本となる人が身近にいることは、学生が将来のキャリアを考える上で有益だと期待する。来年度からは、他の企業にも取り組みを広げたい考えだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus