メーカー

ファーストリテイリングの柳井正氏「後継者は女性が向く」 (1/2ページ)

 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(70)は、自身の後継者に女性を起用する可能性があることを明らかにした。

 柳井氏は3日の都内でのインタビューで、「忍耐強さ、細かいことを根気よく取り組む、美意識がある」という点で、同社のトップとなる人材には「女性の方が向いている」と指摘。さらに、女性の執行役員の人数を男性よりも多くしたいとの考えも示した。現在、同社のグループ執行役員43人のうち女性は6人にとどまっている。

 ファーストリテイリングは女性管理職の割合を2020年8月までに30%にすることを目指していたが、18年8月時点で既に36%と目標を前倒しで達成。今年6月には、国内ユニクロ事業の最高経営責任者(CEO)に女性として初めて、グループ執行役員の赤井田真希氏(40)を起用した。

 赤井田氏は01年に入社。銀座や上海など大型店の店長として実績を積み、本部では営業や人事部長などを経験した。柳井氏は、赤井田氏を後継者に指名する可能性について「あり得る」と述べた。生活が変わることへの不安などを理由に、女性には管理職に就くことに消極的な人材が多いと指摘。「ガラスの天井があるとは思わないようにしてほしい」と挑戦を促した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus