ヒットのポイント

「セブンプレミアム 炒め油香るカップチャーハン」

 □子出藤優さん

 ■出先ですぐ食べられる1人前の冷食

 セブン&アイ・ホールディングスが昨年秋から販売している冷凍食品の「セブンプレミアム 炒め油香るカップチャーハン」が好調だ。職場のランチなどですぐに食べられる便利さが人気の秘密。同社の袋入りチャーハンと比べて2倍の売れ行きで、冷凍食品全体の販売拡大にも貢献している。198円(税抜き)。

 冷凍チャーハンは袋入りで大容量のイメージが強い。この商品は1人分をカップに入れる斬新な発想で、袋商品のように家でお皿に盛らず、出先ですぐ食べられる。

 1人前の袋入り商品の販売状況を調べた時、高校近くの店舗で売れ行きが良いと気付いた。

 「冷凍食品は住宅街での購入が多く、不思議でした。店に行くと、生徒が袋をその場で温め、開けて食べていた。自宅でない場所で食べられ、安くておいしい商品を出そうと真剣に考えました」

 製造は袋入りが前提のため、興味を持った会社と協力し、カップ容器の試作品を手作りした。「冷凍の需要が少ないオフィス街の店舗に置くと、1人用で買う人が多く、自信を持ちました」。スープと一緒に買って職場で食べたり、家で自分の昼食用に買ったりと、新たに冷凍食品を手に取る人が増え、客層や食べ方の幅が広がった。「冷凍食品はフードロス解消に役立ち、今後ますます伸びる商品です。試しに食べてみて、その便利さやおいしさを実感し、購入する人が拡大すればうれしい」と話す。北海道出身。39歳。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus