インターネットWatch

未知の不正サイトへのアクセス防止

 ■トレンドマイクロ「ウイルスバスター」最新版

 トレンドマイクロはセキュリティーソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版を発売した。最新版では未知の不正サイトを人工知能(AI)で分析し、不正サイトと判断した際にアクセスを防止する機能を新たに搭載した。

 価格(税別)は、Windows/Mac/Android/iOS対応の「ウイルスバスタークラウド」1年版のダウンロード版が5200円、Android/iOS向けの「ウイルスバスターモバイル」1年版が2838円。PC/スマートフォンやインターネットの接続トラブルなどの問い合わせに24時間365日対応するサポートサービスをバンドルした「ウイルスバスタークラウド+デジタルライフサポートプレミアム」1年版のダウンロード版が7700円。

 トレンドマイクロによると、2018年にフィッシングサイトへ誘導された国内利用者は過去最大の443万1970件を記録し、前年比約2.5倍に増加したという。同社ではこのような脅威に対して、未知の不正サイトへのアクセスを防止する機能を提供する。

 同機能では、ウェブサイトが作成されてからの時間、登録者情報、URLの文字列、HTMLのソースコードなどをAIが分析して、リアルタイムに評価し、不正サイトと判断した際にアクセスを防止する。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus