自動車

大阪・貝塚で「トヨタ・ソーシャル・フェス」開催

 自然とふれあい、環境保全の大切さを学ぶイベント「TOYOTA SOCIAL FES!!」(産経新聞大阪本社など協力)が、大阪府貝塚市の二色の浜公園で開催された。家族連れらが参加し、ごみ拾いなどに取り組んだ。

 トヨタ自動車のハイブリッド車などに込められた「より良い未来を作る」という思いのもと、全国各地で展開されている環境保全活動の一環。同公園管理連合会が主催した。

 会場にはカヌー競技の東京パラリンピック日本代表候補、加藤隆典選手も登場し、講演会が開かれた。「競技を通じて国内外で自然とふれあう機会がある。この自然を次世代に残していきたい」と話し、自身も砂浜の清掃活動に参加。カヌーの実演も披露した。ごみ拾いを終えた参加者は、水上オートバイなど、マリンスポーツの体験も楽しんだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus