メーカー

「襟を正す」関電金品受領問題で日本原燃の増田社長

 核燃料サイクル施設(青森県六ケ所村)を運営する日本原燃の増田尚宏社長は30日の定例記者会見で、同社の会長を兼務する関西電力の岩根茂樹社長ら役員、社員が福井県高浜町の元助役(故人)から多額の金品を受け取っていた問題に触れ、「襟を正していく」と述べ、問題が事業に影響が出ないよう取り組む姿勢を強調した。

 この中で増田社長は、改めて役員、社員に対して倫理観の徹底を周知したことを明らかにするとともに、「地元との信頼関係は重要。壊れる時はあっという間に壊れる。信頼関係が壊れることなく襟を正していく」と語った。また、原燃社内での同様の事案の有無に関する調査については否定的な見解を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus