金融

かんぽ契約、虚偽説明など悪質 信頼回復は多難 顧客調査は4割どまり (1/2ページ)

 かんぽ生命保険の不適切な保険販売をめぐる実態調査で、虚偽の説明をした悪質な手口など、法令違反や社内規定違反が過去5年で約6300件判明した。問題発覚から3カ月たったが、顧客への調査を終えたのは全体の4割弱ほどと実態解明にはほど遠く、顧客や郵便局員の不安は広がるばかり。毀損(きそん)した信頼回復の道筋も見えないままだ。

 「失われた信頼回復に向け、グループ一丸で取り組む」。日本郵政の長門正貢社長は30日の会見で陳謝し、こう繰り返した。

 中間報告では、保険業法違反もいとわない営業実態が改めて浮き彫りになった。乗り換え時に「旧契約を半年間は解約できない」などと虚偽の説明をし、保険料を二重払いをさせる手口などが多数確認された。

 法令違反でなくても家族の同席を求めず、高齢者を勧誘する社内規定違反なども確認された。かんぽ生命の植平光彦社長は「顧客本位が徹底されていなかったことを痛感した」と語った。

 「やり方が詐欺に近い」。茨城県の40代局員はこう絞り出した。顧客の信頼を裏切る行為に元郵便局長は「情けない気持ちでいっぱい」と語った。不適切な疑いのある契約のうち、電話や面会で顧客に確認ができたのは約6万8000件にすぎず、残る11万件超は手つかずだ。年内に調査を終えられるかにも不透明感が漂う。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus