金融

「取締役会に情報上がらず」 日本郵政の長門社長ら会見

 かんぽ生命保険の保険商品をめぐる不適切販売で30日、日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命保険の植平光彦社長、日本郵便の横山邦男社長の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 --かんぽ生命の不正販売に関する特別調査委員会の報告書の受け止めは

 植平氏「募集上の品質を把握してきたつもりだが、情報管理が十分でなかったことに深く反省をしている」

 --報告書では「経営層への報告の過程で情報が希薄化された」と指摘された

 長門氏「持ち株会社としての問題点の一つは取締役会に全く情報が上がってきていなかったことだ。現場に責任を押しつける意図は全くない」

 --自身の進退は

 長門氏「乗り換え契約は長い間あった。大きなうみがあるので、出し切ることが経営責任だ」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus