メーカー

あのシャンプーハットが50年ぶりに加えた機能 コンセプトは「水嫌い卒業」 (1/4ページ)

 子供が髪を洗う時に、目に水が入るのを防ぐ「シャンプーハット」。ピップは1969年の発売以来、一度も形状を変えてこなかったが、今年9月、初めて「穴を開ける」というリニューアルを断行した。水を防ぐための商品に、なぜ穴を開けてしまったのか。ピップの松浦由治社長に聞いた――。

 変えてきたのは「キャラ」と「色」だけだった

 9月24日、ピップが新しい「シャンプーハット」を発売した。シャンプーハットはピップが開発した商品だが、1969年の発売開始以来、形状に変更を加えるのは初めてだ。

 この形状は「開発担当者が『トタン屋根を流れ落ちる雨』から思いついた」(ピップ広報部)という。発売から20年間は意匠で守られていたが、意匠が切れると各社が参入。「なぜか商標を取得していなかった」ということで、各社が同じ名称を使ったことから、結果的にシャンプーハットという商品名を誰もが知るようになった。

 形状は発売当初から変わっていない。定期的にパッケージと本体にあしらうキャラクターと色を変えるだけで、50年の歴史を積み重ねてきた。「子供の顔に水がかからないようにする」というニーズには、それだけ根強いものがあるということだろう。

 松浦由治社長は、「シャンプーハットはエレキバンよりも古く、ピップのブランドを代表する商品」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus