メーカー

ハルカス展望台が1千万人 「2万7千年」分のパス贈呈

 高さ日本一のビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区、300メートル)の展望台「ハルカス300」の来場者が3日、1千万人を突破し、記念セレモニーが行われた。

 1千万人目の来場者となったのは、主婦で奈良県北葛城郡在住の三浦未来(みき)さん(45)。学校が休みだった長女の寧音(ねね)さん(16)と訪れた。1千万人にちなみ、1千万日(約2万7千年)利用できるというハルカス300の無料パスをプレゼントされた未来さんは「はるか先まで使えるのですね」と笑った。

 展望台は、あべのハルカスと同時に平成26(2014)年3月に開業。1千万人の到達ペースは「訪日外国人客の急増で、想定より約半年早かった」(近鉄不動産の西村隆至副社長)という。

 ハルカスは高さ日本一の座を、森ビルが令和5(2023)年完成を予定する東京都内の超高層ビルに譲るが、西村氏は「イベント展開を工夫するなどして、日本一価値のあるビルを目指していきたい」と語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus