メーカー

関電第三者委「橋下氏は有力候補」推薦も? 大阪市・松井市長

 関西電力役員らの金品受領問題で、筆頭株主である大阪市の松井一郎市長は3日の市議会で、関電が設置する第三者委員会のメンバーに、元市長の橋下徹氏を推薦する可能性について問われ、「知事、市長を経験していて、弁護士でもある橋下さんは有力候補だ」と述べた。

 この日の市議会常任委員会で、公明党の明石直樹市議の質問に答えた。

 この中で松井氏は、橋下氏について「企業コンプライアンス、ガバナンス、危機管理も専門的に扱っている」と言及、推薦候補の一人として検討していると明かした。ただ人選はこれからだとして「関電の了解を得て、適当な人材を第三者委に送り込みたい」と語った。

 松井氏は関電の第三者委による調査の客観性を担保するため市の推薦人をメンバーに入れるよう求めており、この日市役所を訪れた関電の担当者に市側が文書で正式に要請した。関電担当者は「社に持ち帰って検討したい」とした。

 また松井氏は一連の問題に対する今後の市の対応として、臨時株主総会の招集を請求して取締役の解任を提案する考えや、株主代表訴訟の検討を進めていることを改めて市議会で説明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus