金融

東京海上、米保険大手を買収 年度内31億ドル、富裕層向け開拓 (1/2ページ)

 損害保険大手の東京海上ホールディングス(HD)は3日、米富裕層向け保険大手のピュアグループを今年度内に買収すると発表した。買収額は約31億ドル(約3255億円)で、東京海上HDの買収案件としては米フィラデルフィアの買収額4987億円に次ぐ3番目の規模。多発する自然災害の保険金支払いで、経営リスクは高まっており、拡大が見込める米国の富裕層向け保険市場の開拓で収益拡大を目指す。

 ピュアは、富裕層向けの米保険市場のシェアで米AIGなどに次いで3位。保険料の一部を手数料として受け取るビジネスモデルを主体にしており、災害などの多発で保険金の支払いが増えても経営に影響を受けにくい特徴がある。2018年12月期の連結最終利益は5200万ドル。米国では富裕層が今後も増加すると見込んでおり、20年12月期には最終利益で9500万ドルの達成を計画している。

 東京海上HDの小宮暁社長は同日会見し、「米国は市場規模が大きく、安定的に成長し、透明性も高い。経営リスクを分散する上では魅力的な市場だ」と強調。「ピュアグループは1カ所の州にリスクを集中させないなどリスク選択能力も高く、東京海上との企業文化も合っている」と買収理由を説明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus