クラウドWatch

冷蔵・冷凍庫の温度 IoTで自動管理

 NTT東、工場・販売店向けサービス開始

 NTT東日本は食品製造を行う工場や販売店などに向け、温度測定・管理を自動化するサービス「IoT温度管理サービス」の提供を開始した。

 「IoT温度管理サービス」は、冷蔵・冷凍庫などの温度測定を自動化し、クラウド上で温度情報を一元管理するサービス。温度センサーで測定しクラウドに送られた温度データは、PCやスマートフォンのブラウザーからいつでも確認でき、異常温度が発生した際には、管理者へメールや自動音声によってアラート通知を送る機能を備えている。

 またクラウドサーバー上に蓄積された温度データを毎月レポート提供することにより、24時間毎日の温度推移を一目で確認できるとのこと。加えて、異常温度が発生した際の傾向分析が可能になるため、適正温度の維持に向けた作業体制の構築にも役立つとしている。

 なおサービスでは、通常の故障対応に加え、通信事業で培ったサポートサービスの体制・ノウハウを活用し、温度センサーやクラウドなどの利用方法案内、温度異常のしきい値などの設定変更、各種機器やネットワークなどに関するトラブルの相談をサポートセンターで一元的に対応する。

 ラインアップとしては、「ライトプラン」「スタンダードプラン」の2つを用意した。サポートの受付時間が異なっており、ライトプランでは9~21時(365日)なのに対し、スタンダードプランでは24時間(365日)対応となる。またスタンダードプランでは、温度センサー故障時に代替機器を提供するという。

 1契約ごとの利用料金(税別)は、ライトプランが月額9000円、スタンダードプランが月額1万5000円。別途、センサー機器の代金や工事費が必要。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus