リーダーの視点 鶴田東洋彦が聞く

SOMPOひまわり生命(2-2)まずは社員の啓蒙から (1/2ページ)

 禁煙や山歩き…まずは社員の啓蒙から

 --インシュアヘルスの考え方を社員にどう伝えていった

 「2018年4月の第1弾から4商品を投入した。『万が一に備える』と『毎日に寄り添う』をつなげるビジネスモデルが社員に伝わるのか不安もあったが、今では手応えを感じている。商品・サービスを発売することでコンセプトが社員に浸透する。また社員に直接、座談会を開きタウンミーティングのように意義を話した」

 「つじ説法はよくあるが、18年度は年間125回、延べ1400人強に話した。今や150回に達し、社員約3200人の約8割と対話した。社長就任から1年半で150回ということは月10回弱のペースで開催していることになり、『現場に行く』というより『現場にいる』感じだ。座談会では私の説明に熱量も加わり『分かった』『会社が変わる』と理解する社員が増えた。まだまだ社長としては若造なのでフットワークを使って考えを浸透させるしかない」

 --社員やその家族の健康維持・増進にも気をつける

 「SOMPOホールディングスグループの『安心・安全・健康に資する最高品質のサービス』を実現するためには、その原動力である社員・家族の健康が大切だ。しかも、われわれは健康応援企業をうたっている以上、『隗(かい)より始めよ』ではないが、社員に健康の維持・増進を求める。ビジネスモデルは退路を断ってやっており、他社の健康経営とは取り組む姿勢が違う。例えば喫煙には厳しく、就業時間内の禁煙はもちろん、役員には任命時に禁煙承諾書にサインしてもらうことになっている」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus