金融

HSBC、最大1万人削減も 過去数年で最も大掛かりな経費抑制策

 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は英銀HSBCホールディングスが最大1万人の人員削減を検討していると報じた。

 関係者がFTに語ったところでは、同行の経費抑制策としては過去数年で最も大掛かりなものとなり、総勢約23万8000人の人員のうちかなりの削減につながると予想される。

 関係者によると、今回の経費抑制策は7~9月期(第3四半期)決算と同時に今月中に発表される可能性がある。

 人員削減はその一環として、HSBCが最近発表した4700人の合理化に上乗せして実施される見通し。

 関係者の1人は同紙に対し、「人件費が最も大きな部分を占めるコストベースについて、何らかの対応が必要だとわれわれは長年認識していたが、ようやく難しい問題に取り組むことになる。アジアで2桁のリターンが得られる地域がある中で、なぜこれほど多くの人員が欧州にいるのかわれわれは自問している」と述べた。(ブルームバーグ Craig Giammona、Nathan Crooks)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus