トップは語る

Hosty 電動キックボードを宿泊者に

 Hosty最高執行責任者・クロスビー美喜雄さんに聞く

 --福岡市で展開するホテル「mizuka(ミズカ)」の特徴は

 「レセプションと呼ばれる受付場所が福岡市内に2カ所あり、そこでチェックインをした後、市内に15カ所程度ある無人ホテルに宿泊するという仕組みだ。無人のホテルに自ら泊まるということで『ミズカ』というホテル名にしている。無人なので宿泊料金を安く提供できる」

 --福岡市内でホテルの出店を増やしているが、今後の福岡以外の展開は

 「商業施設の内装を改装すれば、空いているフロアなどで場所を問わず開業できる。出店の検討から開設まで2カ月でできるのが特徴だ。1部屋に窓が1つ必要などの法律を守りながら、出店可能な場所を探している。東京都内でも11、12月頃の出店を狙っている。JR浜松町駅周辺を考えている」

 --KDDIから出資を受けた。同様に出資を受けた電動キックボードのシェアサービス運営の米LIME(ライム)と連携の考えは

 「LIMEには福岡市に対して法律の整備や規制緩和を促してもらい、現在は必要な原付免許不要で電動キックボードに乗れるようになれば、旅行者に移動しやすいサービスとして電動キックボードのシェアサービスを提供したい。周辺のジムやレストランなどとの連携も検討しており、その際、各宿泊施設にキックボードを設置すると移動が楽になる」

 --出資を受けたKDDIの通信サービスとの連携は考えているか

 「部屋の鍵には、暗証番号を入力して解錠するインターネットにつながったスマートロックを備えており、こうしたIoT(モノのインターネット)機器には、KDDIの通信事業のノウハウを生かすことができる」

【プロフィル】クロスビー美喜雄

 くろすびー・みきお 米ドレクセル大卒。2009年9月野村証券入社。海外ヘッジファンドを経て18年にブロックチェーン会社を起業。売却後、19年8月より現職。米国出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus