サービス

ボーイング38機に亀裂 737NG、機体修理へ

 ロイター通信は10日、米航空機大手ボーイングが、旅客機「737NG」810機を世界的に検査したところ、38機で修理と交換が必要な亀裂が見つかったと報じた。対象機は修理が終わるまで運航を停止する。日本の航空会社が含まれるかどうかは不明。

 亀裂が見つかったのは、飛行機の翼を胴体に取り付ける部品。米連邦航空局(FAA)が先週、米航空会社に対して古い「737NG」165機を検査するように指示。「飛行機の構造的な完全性に悪影響を及ぼし、飛行機が制御を失う恐れがある」と指摘した。

 737NGの亀裂問題は、2件の墜落事故が起き、運航を停止している「737MAX」とは関係ないという。

 ボーイングは共同通信の取材に対し「この問題が世界中の737NGの顧客に与える影響を残念に思っている」と述べた。航空会社名は明らかにしなかった。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus