メーカー

新カローラ受注1万9000台 発売1カ月、ワゴン7割

 トヨタ自動車は17日、新型「カローラ」2車種の受注が、9月17日の発売から1カ月間で、事前予約を含め計1万9100台に達したと発表した。月間販売目標の計7100台を上回り、好調なスタートとしている。このうち、ステーションワゴン「カローラツーリング」が1万3700台で、全体の7割を占めた。

 セダン「カローラ」は5400台だった。スポーティーな外観やスマートフォンと連携するディスプレーが好評で、最新の安全機能も人気という。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus