サービス

子年のウイスキーボトル サントリー 生産ピーク、11月5日発売

 サントリースピリッツ(東京)は16日、来年のえとのネズミをかたどった陶器ボトル入りウイスキーの製造ラインを山崎蒸溜所(大阪府島本町)で報道陣に公開した。生産は今がピークで、11月5日に発売する。

 商品名は「サントリーウイスキーローヤル〈子歳〉ボトル」。陶器は美濃焼で、縁起の良い松竹梅の模様をあしらった。全国の百貨店や量販店から約1万6800本を受注した。600ミリリットル入りで希望小売価格は9680円。

 山崎蒸溜所ではこの日、20人超の従業員がコンベヤー上のボトル約3000本を点検し、丁寧に箱詰めした。製造担当者は「今年も満足のいく仕上がりになった。購入した人に幸せを届けたい」と話した。えとにちなんだボトルの販売は1982年に始め、今年で38回目。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus